取り扱いブランド

ヤマシゲサイクルで厳選したブランドを取扱いしております。昭和22年から行っている自転車屋なのでいろいろなブランドのバイクを取扱いしております。
マニアックなブランドも取り扱いが多いので大きいブランドだけなく手作りしているブランドも扱いがありますので詳しくはスタッフまでお尋ねください。

SPECIALIZED

SPECIALIZEDは1974年に創業された自転車総合ブランド。「Specialized(特別な)」とは、当時、高性能パーツを意味していた言葉。「世界でベストサイクリングブランドになる」というビジョンを掲げ、ライダーのニーズに対応するための研究を重ねて、他ブランドの一歩先を歩み続けてきました。

現在では、世界的な大会でチャンピオンを輩出するトップチームの「アスタナ」「チーム サクソバンク」などに、バイクをはじめとした機材を提供。2010年のツール・ド・フランスでは、「アスタナ」のコンタドールが総合優勝を果たし、「チーム サクソバンク」のアンディ・シュレクが総合2位に。スペシャライズドのバイクの優れた性能が証明されました。

アメリカや日本をはじめ、世界各国で一般ユーザー向けに幅広いラインアップを展開。マウンテンバイクやロードバイク、クロスバイク、キッズバイクなど、トッププロライダーが乗るバイクと同じ技術を活かしたモデルを販売しています。

Cannondale

1971年に創業されたアメリカ合衆国自転車メーカーであり、社名はコネチカット州の駅の名前から採ったものである。 高品質で高性能のアルミ自転車を開発・製造するメーカーとして強みを持つメーカーであり、フレーム以外にも自転車部品、サイクルウェアなどの自転車関連商品も製造販売している。これらはそれぞれ業界で新たな製品カテゴリーを切り開いてきた

Giant

ジャイアントの誕生は、意外なことに感じられるかもしれませんが、1969年に台湾を襲った台風がきっかけでした。大雨と堤防の決壊によって、ウナギの養殖業を営んでいた後のジャイアント会長、劉金標(キング・リュー)は壊滅的な被害に遭ったのです。彼は次のビジネスを模索し、そして自転車の生産に着目しました。

PINARELLO

PINARELLO ピナレロ

一目でわかるバイクです。見た目だけでなく左右非対称などピナレロ独自の手法でバイクを作り出します。

ピナレロは現状を常に疑問視し、一貫して新しい考えでチャレンジして問題を解決し、ロードバイク(今ではMTBも)のレベルを引き上げる努力をしています。我々はすべてが始まったのと同じ場所で夢を見て、計画をして、テストしております。

SCOTT スコット

スイスに本部を総合ブランドです。

SCOTTが、サイクリングの歴史で最も著しいプロダクト・イノベーションのうちの1つであるエアロ・ロード・ハンドルバーを導入しました。
このエアロバーは、アメリカのグレッグ・レモンによって1989年のツール・ド・フランスで彼の勝利の為に戦略的に利用されました。

1991年には、ユニショック・サスペンションを備えたマウンテンバイクの生産を始めました

The Beauty of Italia  ~ 全ては最高のクオリティのために ~

鮮やかなブルーカラーで知られる 『GIOS』。

その創業は1948年と古く、現在もイタリアのトリノを拠点とする伝統あるブランドです。

今ではイタリア国内にジオスブルーというカラーが存在するほど、その名は知られています。

『GIOS』 その最大の特徴は、鮮やかなブルーカラーはもちろん、徹底的にこだわった精度の高いフレーム。

イタリアでは、そのクオリティの高さから「イタリアブランドでありながらドイツ的な印象さえ与える」とまでいわれています。

ビルダー自身「溶接の精度の高さがフレーム作りで最も大切。

フランス・ヌヴェールに本社を置くLOOK CYCLE INTERNATIONALは、トップレベルのライダーからの厳しい要望に応えるため、さまざまなアイディアと新しい技術を投入してきました。1984年にはビンディングペダル「PP65」を開発、ベルナール・イノーによる5度目のツール・ド・フランス総合優勝に大きく貢献し、以後この方式は安全で確実な固定方法として定着し、今日ではスタンダードなアイテムになりました。

フロントフォークを含めた初のフルカーボンフレームは1986年に投入され、グレッグ・レモンによりツール・ド・フランスの総合優勝を獲得。炭素繊維を独自の製法でカーボンチューブに仕上げ自社工場でハンドメイドできる技術は、トップレベルのライダーからの厳しい要求をフィードバックすることにより成し遂げられ、2000年から3年連続でツール・ド・フランス山岳賞を獲得。その他さまざまな自転車競技において常にアスリート達を輝かしい勝利へと導いています。

ANCHOR ジャパンブランド
ジャパンブランドはいろいろいいこといっぱいです。カラーオーダーもできますのでオリジナルカラーでぬれます。

日本人は日本ブランドにこだわる方にはおすすめです。ジャパン最高峰ブランドです。

2020年より本格的にメリダの取り扱いを始めました。

店頭にはいろいろ並びます。ebikeも並びますので是非ご期待ください。

UK発のクロモリハードテイル。特徴的なジオメトリーとクールなグラフィック、高品質な作りで、今最も注目度の高いハードテールだ。2018年にはフルサスや下り系29のSwitch9erも発売が予定されており、目が離せないブランドである。2016年より日本でも人気となっている。

BMC スイス

BMCは、アメリカ人ボブ・ビゲロー氏が1986年、ラレーブランドの自転車を組み立て、卸売販売するために設立したのがその歴史のはじまりでした。そして1995年、ラレーブランドのライセンスが失われると同時に、自転車のマニュファクチュアリングカンパニーとして新たにBMCブランドを生み出します。
ブランド設立当初は苦難の連続でしたが、2001年に現在の所有者アンディ・リースがBMCを完全買収し、新しい方向性を与えます。エンジニアリング、設計、マーケティング、全てに一貫した企業理念として「スタイル、パッション、プレシジョン」を掲げ、これが転換の礎となったのです。

http://ameblo.jp/yamashige5178/theme-10060565619.html

エディ・メルクスは、ツール・ド・フランス総合優勝5回、ジロ・デ・イタリア総合優勝5回、ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝1回と、3つのグランツールすべてを制覇。そのうちの1970・72・74年にはツールとジロの両方を制する「ダブルツール」を成し遂げている。
ツールにおけるステージ優勝は通算34勝にのぼり、マイヨジョーヌ着用日数96日、1つのツールで8回のステージ優勝という記録は、今後も破られることはないだろうと言われている。エディはグランツールだけでなく、ワンデイレースでも打倒不可能な存在だった。メジャークラシックのミラノ〜サンレモを7回、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを5回制し、1シーズン54勝というシーズン最多勝記録も残した。そして、世界チャンピオンを決める世界選手権ロードレースも4回制している。
16年間の現役時代に通算525勝という、とてつもない記録を残した“史上最強のレーサー”エディ・メルクス。そのあまりの強さから、カンニバル(The Cannibal=人食い人種)と呼ばれていたことはあまりにも有名だ。

その他取り扱いブランド

・FELT・GT・GUERCIOTTI・BASSO・niner・LAPIERRE・MASI・CENTURION・SCWINN・サーベロ・COLNAGO・KUOTA・リッチー・SOMAなど


ミニベロ&旅用バイク

BRUNO

1980年代にスイスを代表するシクロクロス・ロード選手だったBRUNO氏引退後、数々の有名ブランドの自転車開発に携わり、その経験をもとに立ち上げたオリジナルブランド” BRUNO(ブルーノ)”ほぼ在庫あります。 
三重県・岐阜県の方でブルーノお探しの方は当店が一番近いので本当によく御来店いただけております。展示台数も多いので是非御来店お待ちしております

最高のペダリング効率を求めつづけるリーディングカンパニー。

あなたの力を最大限発揮する、画期的なチェーンリングを開発ROTORは、スペイン・マドリードを拠点に、高度な切削技術と産学共同で進める技術開発が融合したバイクコンポーネントブランド。ペダリングの円運動メカニズムを解析して考えだされた Q-RINGSをはじめ、パワークランクなどあります。自転車を速く走らせるために、各社が日々熾烈な開発をつづけているブランドです。

 OAKLEY オークリー

サングラス世界トップブランドをおすすめしております。一度はオークリーをかけてみたい方も多いはずです。当店ではサングラスはオークリーをおすすめしております。安心で安全でなおかつ目にやさしいので長時間かけても頭が痛くなったりめまいが起きたりしにくいのが特徴でもあります。スタッフ全員サングラスはオークリーですよ。http://jp.oakley.com/ja/

MAVIC 

ホールだけでなくシューズやウェアにもありトータルコーディネート出来る数すくないパーツブランドの一つです。

当店ではホールをおもに販売しておりましたが2014年に出たシューズがあまりによくついに店頭にお目見えしてしまいました。
それに加えてウェアの展開も始めました。またちょうどいいウェアが多くお客様がこれならいいね!!と言っていただけるウェアが多いです。当店ではこれぞいうものしか並んでいませんのですべての商品があるわけでないので目の肥えたお客様にも唸っていただけると思います。
ホイールのキシリウムは絶品だと思まいます。ホイールお考えの方は是非キシリウムをおすすめですので見に来てみてください。
実はホイールだってどこで買っても同じでないことをご説明します。

http://ameblo.jp/yamashige5178/entry-11998012637.html

ホイール取り扱いブランド

・MAVIC・ROVEL・シマノ・DT・カンパ・フルクラム

その他有名ブランド

カペルミュール・リオン
コラボ商品もあり当店でNo1ブランドになります。